· 

公立学校開始日について - フロリダ州オーランド

現代版 若草物語。四姉妹の母、チサッティのブログへようこそ!海外での生活や子育て、アメリカの学校についての話題を中心にフロリダ州オーランドからお届けします。

娘たちの通う公立小学校
娘たちの通う公立小学校

今日、アメリカの7月14日(火) 12:00pmから、①フロリダ・オーランドの公立学校の学校再開日と②どの様な形で再開されるのかを決める会議(Board Meeting)が開かれています。


現在8:30pm。


Youtubeでライブ会議が見れるのですが、まだ話し合いが続いているようです。




まず、いつ再開されるかについては、

早くて8月10日から、遅くとも8月21日迄に再開で話し合いが行われています。


8月21日迄に再開されれば、カリキュラムや勉強に遅れが出ないというので、この日迄に設定したいようです。



次に、どの様な形で再開されるかについては、3つの選択肢が提案されています。



① Face-to-Face

➡  今まで通り学校に登校して、先生と生徒がクラスで対面した状態での再開


② Virtual School

➡  コロナ禍で学校がクローズ中に、子供たちが受けていたような全科目オンラインでの授業再開


③ LaunchED@home

➡  Face-to-Faceのカリキュラムと授業時間で、学校へ登校とVirtual Schoolの自宅等からのオンライン授業を組み合わせたもの。家にいる日と学校に行く日を組み合わせて選択できる。





という内容で会議で話し合われています。



私は率直に言って、今まで通り子供たちを学校へ通学させてあげたいです。


長女が今年からミドルスクール(Middle School)、そして三女もキンダーガーテン(Kindergarten)入学と、新しい学校生活が始まるはずでした。


新しく行く学校に新しい友達に新しい先生。


出来ることなら、手洗い・うがい・消毒を徹底した上で通わせてあげたいという気持ちです。



長丁場でまだ議論が交わされています。

これからの子供たちの最善の教育方法を真剣に話し合ってくれています。


今はその結論を待つだけです。