· 

ホコリ虫 (クサカゲロウ)の幼虫

ゴミ? ホコリ?
ゴミ? ホコリ?



現代版 若草物語。四姉妹の母、チサッティのブログへようこそ!海外での生活や子育て、アメリカの学校についての話題を中心にフロリダ州オーランドからお届けします。



さて、これ何だと思いますか?

ホコリ?
毛玉?
ゴミ?
ゴミっぽい、クサカゲロウの幼虫
ゴミっぽい、クサカゲロウの幼虫

これ、虫なんです。


『クサカゲロウ』という虫の幼虫なんです。


家のガラスにたまに付いてるのを見かけるんですが、❝ホコリみたいな虫❞で検索をかけて、初めて名前を知りました。



ホコリっぽい部分を含めると、大きさは5mmくらいで、裏から見てみると3mmくらいの半透明な虫がホコリっぽいものを背負っているのがわかります。



クサカゲロウの幼虫は、自分が食べた小昆虫の死骸や その他のゴミを背負って身を守っているそうです。 クサカゲロウは、アリジゴクの親であるウスバカゲロウに近い仲間で、このホコリのようなものの下には、ミニアリジゴクのような虫がひそんでいるみたいです。




ここフロリダ州オーランドでは、日本で見たことのない虫や、鳥や、植物や、動物を見かけます。

しかもコロナで外出を制限していると、日頃見過ごしてしまっていた小さい虫達にも目を向ける機会が増えているのに気づきます。



また、次何か見かけた時に紹介したいと思います。